日本語/English

やよい天狗の由来

天狗は神通力により火の厄除け及び自由自在の守り本尊と日本書紀にも記されております。

 

西暦1688年 別府北浜地方に大災害があり、別府村の住民は大被害を被ったと豊後紀行に書かれております。

その当時 別府村には南北に両筑街道がはしり、長崎などと往来がとても多く 西法寺に本陣・御旅所を置いたと伝えられております。

 

西暦1715 年(明和2年) 天領当時の別府村を統治した森藩主の命により 讃岐の国の白峯の地より秋葉宮御霊前を 現在の秋葉神社の位置に建立したと豊後風土記に記録が残されております。

しかも当時としては 海門寺に通じる裏街道であった現在の『やよい商店街の流川通り入口』に石碑を建立し付近一帯の無病息災を祈念したとも伝えられております。

やよい商店街では以前より温泉感謝と別府繁栄の心をこめ、いろんなかたちで祭り参加をしていました。

 

昭和48年2月 商店街の火災厄除けとして『やよい天狗みこし』を創作いたし、依頼19年間 当商店街に及ぶ大火罹災を免れ 守護を賜り続けております。

 

毎年4月の別府温泉祭りには『やよい天狗みこし』として 雄大かつ尊厳さをも感じられるお姿を披露し温泉祭りの名物となっております。

 

別府やよい商店街振興組合

 

やよい天狗物語は こちら

温泉祭りで練り歩く

別府のおみこしでは最大級??の

やよい天狗みこしです。

毎年4月の別府八湯温泉祭りでは

まちなかを練り歩きます。

やるとハッピー!顔ハメ

お社からはみ出るほどの天狗さまの隣に、顔ハメ看板があります。

やよい天狗通りへお越しの際は、はめた人をキュンとさせて、笑顔にもする顔ハメをどうぞ!

 

裏側の秘密。。

やよい天狗さまの裏側に繁栄のひみつあり。

ヒントは子宝。人口がふえれば、地域は繁栄しますものね。

火災厄除けの神様なだけではないんですね〜